カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/15
このエントリーをはてなブックマークに追加


おはこんばんちわ、カブクの足立です。

前回から約半年、第4回目となるカブクエンジニア開発合宿に行ってきましたので、そのレポートをお送りいたします。
前回までのアンケートのフィードバックを取り入れての第4回目の開催です。

改善点1: 発表時間にタイマーを導入

発表時間は5分発表10分質疑が基本なのですが、これにタイマーを導入して管理するようになりました。
10名の発表があるので時間オーバーすると発表時間全体が大幅に長くなりダラダラなってしまうことを防ぐ目的です。(あと、ホテルにも迷惑をかけますし…)

改善点2: コンビニの導入

いつも利用させていただいているおんやど恵の真横にコンビニができたので、劇的にいろいろなことが楽になりました。
いままでは差し入れのちょっとしたお菓子を買いに行くにしても片道800mの坂をひたすら上り下りしていたのが、今回からはわずか徒歩30秒です。
我々の改善ではなく合宿環境の改善ですが、すごく便利になりました。

テーマとルール

テーマとルールは前回と変わりません。

テーマ

ちょっと先の仕事に役に立つかもしれない何かにチャレンジする
新しい技術を味見しましょう的な感じ

ルール

1: 就業時間を守る
ハッカソンみたく、夜中までガリガリやるのではなく、限られた時間で最大の成果を目指します。
参加者同士の懇親も大事にしたい。開発は18時半まで!残業無し!

2: 発表する
成果を必ず発表する。「できませんでした」も成果の一つです。
手を動かしてチャレンジするのが最も大切と考えています。
発表は資料を作っても、作らなくてもOKです。
要は聞き手に分かりやすい説明ができれば資料の有無は問いません。

3: 自由参加
自治と自由を重んじるカブクですので、参加も自由です。
個人の裁量によって参加してもらっています。

場所

神奈川県湯河原のおんやど恵さんです。

全4回、ずっと同じ場所です。
開発環境、アクセス、ロケーション、柔軟性、ご飯、温泉、ホスピタリティもろもろ満足度高いです。
さらには旅館の真横にコンビニができて利便性が飛躍的に向上しました。
4回目ともなると、従業員の方々とも顔見知りな感じになり、設備もだいたい把握できているので、アットホーム感があります。
開発環境のセットアップや発表環境、撤収までいつもの仕事場のように流れるように作業できます。
※合宿としてこれでいいのか?w

スケジュール

今回の合宿のスケジュールはこんな感じ。4回目なので大枠固まったスケジュールです。
となりにコンビニができたのでランチ弁当(あまり美味しくなかったし)の支給はやめて、自分のタイミングで調達してもらうことにしました。

06月12日
10:50 / ホテルに集合(※勝手に来てください)
11:00 – 18:00 / オリエン、ランチ、開発
18:00 – 18:30 / 翌日の発表順決め、部屋割り決め、部屋へ移動
18:30 – 20:30 / 夕食
20:30 – / Free(おふろ、懇親会)

06月13日
08:00 – 08:30 / 朝食
09:00 – 12:00 / 開発
12:00 – 15:00 / ランチ、発表(聴講者はランチを食べながら)
15:00 – / チェックアウト

今回は参加者10名(一人オンライン)で、発表時間が150分。
1人発表5分で質疑応答は10分。前回と違い、盛り上がってもこの時間で切ります。
全員ほとんど違うテーマの技術に取り組んでいて、それが10個、それぞれ5分でダイジェストを聞くことができるのは本当に楽しくてイイですね。
知らなかった技術に沢山出会える場。
これがカブクの開発合宿の一番の醍醐味です。

フォトレポート

集合場所はホテルですが…


ほとんどの人が同じ電車になるので、待ち合わせたわけでもなく、JR湯河原駅から一緒に歩いてホテルまで移動。
毎回、天気と気候に恵まれるので、徒歩移動が気持ち良いです。


相変わらず、川沿いは気持ち良い。


6月3日からアユ釣り解禁です。1日漁業権(800円ぐらい)を買えば気軽に楽しめそう。

ホテルに到着


ホテルに到着ッ!


まいどおなじみのアングルでも1枚。

開発スタート!


4回目ともなるとセットアップは一瞬です。ササッと準備して、ソッコーで開発開始です!


と思いきや、程よい運動のせいか、まだ12時にもなっていないのにみんなお腹が空いて、駅で買ってきた駅弁を貪り始めるw
約一名、道中でもっとよいお弁当が買えると賭けた人がどん兵衛を食べてます。彼の心にはきっとハンチョウが住んでいるに違いない。

一日目終了


恒例の部屋割りアミダクジで、明日の発表順と部屋割りを決めます。

オンラインの彼も真剣にアミダに参加です

夕食です


残業禁止合宿なので、夕食のタイミングから各々好きなものを飲み、お食事を楽しみます。


夕食後は温泉に入ったり、部屋で雑談。

Day2


2日目、みんなで朝食からスタートです。これも恒例。旅館の朝ごはんってなんでこんなに美味しいんでしょう。今日も一日がんばるぞい!

最後の追い込み


朝食後9時から12時までの3時間が最後の追い込みです。
ひたすら、集中です。最後までやりきります。

発表

いよいよ発表です。
発表5分、質疑応答10分で一人15分です。


今回もご飯(お弁当)を食べながらというスタイル。
みなさん発表中もバンバン質問する好奇心の化身。

ステンシルバッファでCSG表現


CSG的な3DCG表現処理をいにしえの秘伝の書を紐解いて実装してみた。

Storybook for Web Components


あれ?タイトルw

強化学習とOpenAI Gym


※Kenichi Takahashi撮影
こっちがエージェントで、こっちが環境です。

Go to WebAssembly


Golangで実装している三次元処理の一部をブラウザ上で動かせないかなぁ…デキターッ!

Tweet分類機作ってみた


ベイズやらdoc2vec、word2vecなどをいろいろ試して、Tweetのポジ・ネガ分類をやってみました。

OpenAPIをもっと便利に使う


OpenAPIのspecファイルからハンドラーへのRouterを自動生成してみる。これ欲しかった!

Jenkins Xと友達(ダチ)になる


プロジェクトを作るたびにJenkinsのセットアップが面倒なのでJenkins Xを試してみよっかな。

CSS Houdiniなかなかいいよ


CSSの機能をJSで拡張できるようになるらしいので、ちょっと試してみたら、なかなかいい感じ。

Apache Airflowを使ってワークフロー制御


Dataflowを使っていますが、もうちょっと柔軟性の高いタスク管理の仕組みを味見。
発表者がいないように見えますが、右下のMacがそれ(オンライン参加)です。

機械学習を用いた異常予知


時系列データをLSTMでモデル化してEncoder/Decoderを組合せてみるとか。いろいろ試してみた。

おわりに

4回とも同じ会場なので、ちょっと外部刺激が少なくなってきた感があるのですが、取り組むテーマは毎回新しく、集中して新しい技術に取り組み開発して(ちゃんと手を動かして)、みんなでワイワイ議論できるのは、ただただ楽しいですね。

改善点

今回の参加者アンケートから、次の改善点は次のような感じです。
※常に仕組みや規則をデバッグしながらより良い形にしていくのがカブクの文化

  • 最初の昼ごはんは駅弁を購入するのが正解
  • フルーツ牛乳が飲みたかった
  • 富士五湖でキャンプしたい
  • もっと開発時間がほしいので2泊3日以上もあり
  • 作業時間を増やすために定時終了の制限を外してみたい
  • 場所については刺激が減ってきましたね
  • チームでわいわい何かを作るというのもやってみたい

では、また半年後。

その他の記事

Other Articles


TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

サーバーサイドエンジニア(Python/Go)

業務内容

カブク自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のサーバサイド開発。WebサービスのバックエンドやAPIの設計・実装をお任せします。

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のフロントエンドの設計や実装をお任せします。 また、新規サービス開発プロジェクトへも参画いただけます。

機械学習エンジニア

業務内容

機械学習を用いた3Dデータや2Dデータからの情報抽出モデルの構築やセンサーデータの分析モデルの調査・研究・開発。 PoCだけでなく、データの前処理や学習、ハイパーパラメータチューニング、獲得モデルの評価、適用、運用のパイプライン構築まで、機械学習をプロダクション適用する全てのお仕事に携われます。

インターン(エンジニア)

業務内容

カブクの社員と肩を並べて、実業務を中心とした知識やスキルを身につけていただく実践型インターンシップ。スタートアップならではのスピードがあり、ダイナミックな就業経験を体験することが可能です。

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く