カブクと電通、デジタルファブリケーション領域で連携 オープンイノベーション型ものづくりの推進で業務提携
2014/09/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」の運営および企業向けデジタル製造ソリューションを提供する株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)と業務提携し、デジタルファブリケーション領域で連携していくことにいたしました。

既に国内外で展開している3Dプリント技術を使ったものづくりプラットフォーム「rinkak」をベースに、電通とともに、「オープンイノベーション型のものづくり」を支援する新たなソリューションを開発し、顧客企業に提供していくとともに、日本のものづくりを世界に浸透させる活動を行ってまいります。

具体的には、両社は次の3つの領域における協業を進めてまいります。



1.地域ものづくりのサプライチェーン構築と新しいコンセプト提案

・rinkakプラットフォームをベースとした、全国自治体・工場連携3Dプリンター製造ネットワーク「地域ものづくりクラウド」を構築。
・地域の中小ものづくり企業が持つ優れた仕上げ技術や伝統工芸手法と3Dプリントを融合、国内外のクリエイターとの共創による製品づくりを支援。
・世界市場での製品の認知獲得と販売を支援。

2.企業との連携

・企業が持つ技術やシードを活用した商品やサービス開発のためのアイディエーション、ビジネスモデルの提案と構築、カーブアウト(事業の切り出しと独立)を支援。
・β版の開発、ハードウェアのプロトタイピング、マスカスタマイゼーションを推進。

3.自治体や教育機関との連携

・3Dプリンターを活用した最先端学習と新しいものづくりの普及・啓発活動を推進。
・ワークショップやコンテストなどを行い、人材の掘り起こしとネットワーク化を推進。



■rinkakについて




「rinkak(リンカク)」(https://www.rinkak.com)は、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレイスです。ユーザーはrinkakに3Dデータをアップロードするだけで高性能な製造設備でプロダクトを製造・販売できます。プロダクトは受注毎にオンデマンドで製造するため、クリエイターは在庫を持つことなく1つからプロダクトの販売ができます。また素材に関しても一般的なプラスチックだけでなく、陶器や金属、ラバーまで多様な素材で作品を製造することが可能です。rinkakは多種多様な分野のクリエイターとユーザーによる創発性の高いコラボレーションが行われ、消費者が求める斬新で独自性の高いプロダクトが世の中に生まれる受け皿となることを目的としています。


■デジタル製造ソリューションについて

カブクは企業向けにも3Dプリンターなどの製造設備をネットワーク化して提供し、短納期・中小ロットでの製造や試作に対応しています。現時点では主にキャンペーンやイベントにおけるノベルティ・グッズの製造、スマホアクセサリーの製造、ゲームなどのキャラクターコンテンツのフィギュア化、建築・医療・歯科技工などの分野での試作・製造の引き合いがあります。