日独安倍・メルケル両首相が「ハノーバー宣言」でIoT協働強化の声明-カブク代表稲田も日本の代表企業として招聘
2017/04/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ・ハノーバーにて開催されたヨーロッパ最大のインダストリアルIoT領域の国際見本市である「CeBIT 2017」開催にあたり、IoTを始めとする先端技術分野での日独間連携・協働の枠組みを定めた「ハノーバー宣言」が採択されました。

日本の産業が目指す姿を「Connected Industries(つながる産業)」とし、これを軸にした施策を展開していくことを発表しています。

現地では、インダストリアルIoT領域での日本を代表するスタートアップ企業として見本市に参加しました。


両首相の声明の詳細については下記記事をご覧ください。

【CeBIT 2017】日独が「ハノーバー宣言」でIoT協働強化へ―安倍・メルケル両首相がトップメッセージ
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14383
日本が描く産業の未来像「Connected Industries」、世界に発信へ
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1703/22/news043.html