カブク×コクヨ共同開発プロジェクト「TRANS TOOLS」の取材を行いました

2019/03/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月12日(火)から26日(火)まで、原宿THINK OF THINGSにて、コクヨ様とカブクが共同開発した文具「TRANS TOOLS」が展示・販売されています。

会期はちょうど折返し地点(取材日:3/18)ですが、売り切れの商品も出るほどの盛況です。

展示の裏側や見どころを、本開発に携わった弊社インダストリアルデザイナーの横井に取材しました。

TRANS TOOLSというテーマに決定した背景を教えて下さい

きっかけは、コクヨ様と「3Dプリント技術を使って何か新しい商品が作れないか」とミーティングを行ったことでした。

今ある商品を3Dプリントでそのまま製造するようなコラボレーションがすぐ思いつくかと思いますが、今回は「コクヨだからこそ実現できる3Dプリントプロダクト」という観点でコンセプトを検討しました。

コクヨ様は、オフィス家具・文具の分野において100年以上の長い歴史があり、様々な商品が人々に親しまれています。

歴史やノウハウを活かし、さらにカブクの3Dプリント技術を使って新しいものを生み出すことができる視点が、「隙間」と「拡張」でした。

「隙間」は、オフィス家具や文具に生まれる隙間にフィットするものを見つける視点、「拡張」は既存の家具や文具にさらに新しい機能や価値を追加する視点です。

この2つの視点を持ち、既存のものに新しい技術を使ってさらなる価値を創造したい、という想いを込め、「TRANS TOOLS」というテーマに決定しました。

 

開発はどのように進みましたか

まずコンセプトを決定します。今回は入念にコンセプト固めを行いたかったため、2ヶ月ほどかけました。

週1回のワークショップを何度も行い、アイデア出しを繰り返しました。

次にデザイン・試作を2.5ヶ月ほどかけて行いました。会場にはその時の試作品も展示しており、1商品につき大体2回以上の微調整を行っている過程をご覧いただけます。

その後、最終製品の製造には3週間ほどかかりました。

デザインで工夫した点や意識した点を教えて下さい

コクヨ様には数多くの自社製品がありますが、特に長年人々に親しまれている定番のもの、根強いファンが多いものを中心に、ベースとなる製品を20点ほど選択しました。

それらの「今あるコクヨ製品」にスポットがあたることを意識して、TRANS TOOLSのデザインを行いました。

例えば、クリップトレーはクリップの形を必然のものとしてとらえ、クリップがぴったりとトレーにフィットする気持ちよさをユーザーに実感してもらえる形状になるよう工夫しました。

 

製品開発で苦労したことはありましたか?

アイデアは割とすぐに出たのですが、最終製品にするまでの調整が大変でした。

例えばノートのリングにぴったりはまるペンの試作をはじめて行った時、ペンをはめるとノートが開かなくなりました。

これではノートの使い勝手が悪くなってしまうので、開いても閉じてもぴったりはまる形状になるよう少しずつ修正を行い、商品化にたどり着きました。

 

3Dプリント製造ならではの利点を教えて下さい

20種類の型数で少量生産を実現できた点です。

プラスチック製品の製造を行う場合、通常は高額の金型を起こす必要があるため、今回のような小ロットの製造では実現できる型数が少なくなりがちです。

しかし3Dプリントは、データがあれば幅広い商品展開が可能で、数量も1つから製造できます。

文具は特にバリエーションが豊富で、ノートのリングにぴったりはまるペンは、リングの大きさに合わせて複数のサイズを展開しています。

お客様の反応はいかがですか?

共同開発の取り組み、商品のいずれも非常に高い評価を頂いています。

取り組みにおいては、コクヨ様のような大企業が、大量生産ができないニッチな部分で商品開発し、販売まで実現した点が非常に珍しい、と評価をいただきました。

商品についても、日々の生活で見過ごされがちな部分に訴求しており、こういうものが欲しかった、というお声を頂いています。

3Dプリントに知見がある方からは、「クリップがはまる形」に価値を見出していただきました。

形状をデータとして配布すれば、その形を元に新しい商品のデータを人々が自由に作成でき、次のTRANS TOOLSとなる商品が生まれる可能性があります。

3Dデータが新たな商品づくりのプラットフォームとなりうる点についてはコクヨ様ともお話ししていたため、ニーズがあることを改めて実感しました。

最後に、お越し頂く方へ一言お願いします

3Dプリントの技術そのものというよりは、3Dプリント技術によって実現された新しい道具の可能性やシーンの広がりを感じてほしいです。

ぜひ、TRANS TOOLSをご覧ください!

TRANS TOOLS

期間:3月12日(火)〜3月26日(火)※3月13日(水)は定休日のため休み

会場:THINK OF THINGS(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1)

内容:3Dプリント製品の販売とプロトタイプ(検討途中の試作品)の展示

   ※数量限定販売

 

カブクでは、文具の共同開発の他にも、様々な業界(大企業からスタートアップまで)においてデザイン・設計から製造まで、お客様の製品開発を幅広くサポートしています。

ご興味のある方はぜひ一度弊社へお問合せ下さい。

その他の記事

Other Articles

→
←

関連職種

Recruit

製造コンサルタント(開発購買)

業務内容

募集対象 製造コンサルタント(開発購買) カブクについて 当社は”3Dプリンター”をつかったデジタルものづくり […]

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

     
お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:10:00~18:00
※土日祝は除く