Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/21
このエントリーをはてなブックマークに追加


このエントリは「Three.js Advent Calendar 2016」の18日目です。

はじめに

想定より遅くて今月はもう出ないかと思っていたThree.jsのr83がやっと出たので、この際なので突如欠員が出たThree.js Advent Calendarの一記事ということにしてざっくり変更点をまとめます。Advent Calendarがなくてもどのみち同じようなエントリを上げていたと思いますが。

要点

大きいのは遂にWebGL2Rendererが入りWebGL2対応が正式に始まったことでしょうか。FirefoxもChromeも次のバージョンからWebGL2がフラグなしで有効になるようなので、我々開発者も少しずつ慣れておいたほうがいいかもしれません。WebGL2以外では今回から追加された面光源も場所を選べば効果的に利用できそうでうれしいところです。

コードの変更点

ということで以下、r83のリリースノートの要約です。

バグフィックス

Audio回りの不具合が修正されたようです。あまり踏んだ人はいなさそう。

Audio
setBuffer()内で本来一度しか利用できないAudioBufferSourceNodeが複数回利用されている不具合が修正されました。 (#10060
AudioListener
deprecatedになっているAudioListener#setPositionと#setOrientationが使用されていたので修正されました。(#9845

追加

BufferAttribute
onUpdateCallbackプロパティとdisposeArray()が追加されました。前者は値更新時のコールバック、後者はGPUにデータ送信後にメモリを節約するためのメソッドです。(#9512
Cylindrical
円柱座標を表すクラスが追加されました。合わせてVector3にsetFromCylindrical()メソッドも追加されています。(#10253
ImageLoader
Access-Control-Allow-Originヘッダの指定に従ってクロスオリジンで画像をロードできるようになりました。(#10168
Layers
copy()メソッドとclone()メソッドが追加され、Object3Dのcopy()メソッド内部で利用されるようになりました。(#10245
ObjectLoader
古いフォーマットと不正なJSONのチェックが追加されました。(#9944#9099
MeshBasicMaterial
MeshBasicMaterialはライトに反応しないマテリアルですが、焼きこまれた影はサポートする必要があるということでlightMapのサポートが追加されました。(#9975
MeshToonMaterial
このマテリアルを使用するとこういう感じ(左)にできるそうです。#9912#10176#10186#10187
MeshNormalMaterial
bumpMap、normalMap、displacementMapのサポートが追加されました。(#10343
PolarGridHelper
極座標を見やすくしてくれるヘルパー?が追加されました。(#10179
RectAreaLight
面光源が追加されました。合わせてRedtAreaLightHelperクラスも追加されています。初めてのThree.jsの原著では外部ライブラリを使った面光源の説明があったんですが、three.jsのバージョンアップで動かなくなっていたので省略しました。「初めてのThree.js 第2版」の第2版が出ることがあればぜひセクションを足したいところです。(#9234#10041#10210
ShapeBufferGeometry
ShapeGeometryのBufferGeometry版が追加されました。(#9970
Uniform
clone()メソッドが追加されました。(#10178
WebGL2Renderer
まだそれほど大きくありませんが、遂にWebGL2対応が始まった模様です。(WebGL2Renderer

削除

BoundingBoxHelper
機能的にBoxHelperに完全に含まれているのでdeprecatedになりました。(#10197
WebGLState
clearColor()、clearDepth()、clearStencil()メソッドが削除されました。state.colorBuffer.setClear()などを使ってください。

リファクタリング

Bone
未使用のskinプロパティが削除されました。(#9951
BufferGeometry
バウンディングボックス/スフィアの計算にInterleavedBufferAttributeが利用されるようになりました。合わせてBox3、Matrix3、Matrix4にも修正が入っています。(#10296#10303#10296#10355
CameraHelper
BufferGeometryを使用するように変更されました。(#10185
HemisphereLightHelper
BufferGeometryを使用するように変更されました。(#10205
SkeletonHelper
BufferGeometryを使用するように変更されました。(#10192#10204
FileLoader
XHRLoaderが改名されました。さらにsetMimeType()メソッドも追加されています。(#9959
Texture
未使用のsourceFileプロパティが削除されました。(#10024
WebGLRenderer
ちまちまいろいろと(#9948#9972#9774#10300#10331#10330#9861

Examples

今回追加されたものの中では面光源とトゥーンマテリアルのサンプルがおすすめです。

webgl_lights_arealight
webgl_lights_rectarealight
webgl_materials_variations_toon

それではまた来年。

その他の記事

Other Articles

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

サーバーサイドエンジニア

業務内容

カブク自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のサーバサイド開発。WebサービスのバックエンドやAPIの設計・実装をお任せします。

フロントエンドエンジニア

業務内容

カブク自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のWebフロントエンド開発。フロントエンドの設計や実装をお任せします。

機械学習エンジニア

業務内容

機械学習を用いた3Dデータや2Dデータからの情報抽出モデルの構築やセンサーデータの分析モデルの調査・研究・開発。 PoCだけでなく、データの前処理や学習、ハイパーパラメータチューニング、獲得モデルの評価、適用、運用のパイプライン構築まで、機械学習をプロダクション適用する全てのお仕事に携われます。

インターン(エンジニア)

業務内容

カブクの社員と肩を並べて、実業務を中心とした知識やスキルを身につけていただく実践型インターンシップ。スタートアップならではのスピードがあり、ダイナミックな就業経験を体験することが可能です。

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く