《展示会出展情報》5月23日(水)からパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー」にオンデマンド製造のカブクが出展します
2018/05/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年5月23日(水)から5月25日(金)までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー 2018」にオンデマンド製造のカブクが出展します。

弊社ブースでは、下記を展示致します。
・「Open Innovation」 Honda 3D print フロントグリル・リアパーツ
・試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス「Kabuku Connect」

出展概要は下記になります。
是非、お気軽にブースまでお立ち寄りください。

【「人とくるまのテクノロジー 2018」概要】
名称:人とくるまのテクノロジー 2018
開催日程:5月23日(水)〜24(木)10:00 ~ 18:00、25日(金)10:00 ~ 17:00
開催場所:パシフィコ横浜(〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
     アクセス詳細はこちらをご参照ください。https://expo.jsae.or.jp/access/
主催:公益社団法人自動車技術会
公式ホームページURL:https://expo.jsae.or.jp/
ブース位置: 小間番号 442

・「Open Innovation」 Honda 3D print フロントグリル・リアパーツ について
株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 社長執行役員:八郷 隆弘、以下Honda)と、3Dプリント技術を活用した車両を分散製造で共同製作致しました。具体的には、株式会社豊島屋(本社:神奈川県鎌倉市、社長:久保田 陽彦、以下豊島屋)が抱える、地域宅配サービスがしやすく宣伝もできる配送車両という、個別ニーズを反映させたマスカスタマイズ車両共同製作しております。本共同製作では、カブクが提供する、迅速な3Dデザイン/3Dプリンター適用による金型レスの開発プロセス/デジタル製造工場ネットワークの活用した分散製造を実施し、総工程を約2ヶ月に大幅短縮させ、時間もコストも削減したオリジナル車両を提供致しました。

■試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス「Kabuku Connect」について
「Kabuku Connect」は試作品・特注品・量産品領域に対応したオンデマンド製造サービスとなります。国内・海外の3Dプリント工場ネットワークにより納期短縮、低価格、新素材での造形など多様なニーズ実現を可能にします。日本では未導入の最新3Dプリンターによる試作から、国内一般価格よりコストダウン可能な樹脂・金属3Dプリンターでの造形など多数の実績があります。その上、経験豊富なカブク製造エンジニアにより、見積依頼件ごとに3Dプリントでのメリット・デメリットのご説明から、3Dプリントにとどまらない最適な工法(切削・板金など)をご提案させて頂きます。
「Kabuku Connect」:https://connect.kabuku.io/
■株式会社カブクについて
カブクは、デジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、 ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス、デジタル工場向け基幹業務クラウドサービス、産官学連携による先端技術研究等に携わっています。これまで、トヨタ、ホンダ、オリンパス、マイクロソフト、電通、博報堂、日本通運、ローランド・ベルガーとの協業実績があります。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
【URL】 : https://www.kabuku.co.jp
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:
・試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス事業
・デジタル工場向け基幹業務クラウドサービス事業
・デジタルものづくりマーケットプレイス
・その他エンタープライズ向けソリューション事業

【報道関係者様お問い合わせ先】
株式会社カブク E-mail:contact@kabuku.co.jp