人とくるまのテクノロジー展2019に出展しました!

2019/06/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月22日(水)から5月24日(金)までパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展 2019」に出展いたしました。

展示会の様子や弊社の展示物をあらためてご紹介します。

人とくるまのテクノロジー展とは

人とくるまのテクノロジー展とは、公益社団法人自動車技術会が主催する展示会で、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展として1992年に始まりました。国内でも有数の出展規模を誇る自動車関連の展示会で、自動車業界を支える技術を持つさまざまな企業による展示や、ワークショップ・セッション・試乗会などが行われています。

主な出展企業は自動車の完成品メーカー、部品メーカーや商社、開発ソフトウェアメーカー、検査・解析会社などで、自動車が完成するまでの各工程に関連する商品や技術が展示されています。450を超える企業ブースには、日本国内の企業だけでなく、海外企業も数多く出展しています。

カブクの展示について

弊社ブースでは、日本初公開となる、金属3Dプリンターで一体造形した二輪車用燃料タンクなどのサンプル品や、弊社がこれまでデザイン、設計、製造を包括的に支援した事例パネルを展示しました。

金属3Dプリント技術を用いた燃料タンク

写真の燃料タンクは日本初公開となる、金属3Dプリンター(材料:AlSi10Mg)で造形した二輪車用燃料タンクです。

従来の燃料タンクはプレスや溶接で製造されていますが、このタンクは3Dプリンターで一体造形することで溶接部分の腐食を防ぐことができます。

燃料タンク
燃料タンク内部

 内部には、車体の制動、回頭時の燃料動揺を防ぐために上図の構造体を設置しています。このような構造体は主にレース用二輪車のタンクで使用されています。通常はタンクを半分に割り、構造体部分を溶接するため、高い技術力が必要になります。そのため、時間もコストもかかってしまいます。3Dプリンターであれば、高い再現性があり時間とコストを圧縮できます。

さらに、このタンクはサポート材を必要としない構造で設計されているため、サポート材の材料コストと除去する手間の大幅な削減を実現しています。

金属3Dプリンタで造形した精密な熱交換器

金属3Dプリンターで造形可能な最小肉厚は0.7mmですが、内部の構造部分は環境によって0.1mmの肉厚で出力できます。写真は0.1mmの精度で造形した熱交換器です。

プリンターから取り出す時に外側部分に負荷がかかり破損することが多いため0.7mmが最小値と謳われていますが、このように周りが厚く覆われていれば、0.1mmの精度で造形が可能なこともあります。

内部の構造部は0.1mmの精度で造形
構造部の断面

これらの他にも、提携工場のさまざまな事例をサンプルとともに展示しました。

3Dプリント製造を試したいが強度や精度が低いのでは、という不安を抱くお客様も多いですが、ご紹介した事例のような機械部品や治工具が良い参考になるのではないかと思います。

ステンレス、工具鋼、チタン、インコネル、アルミなどさまざまな金属素材に対応できるのも特徴で、現在お使いの製品の素材の変更も可能です。

【事例】

■チタン素材で部品を3Dプリント製造することでアルミ切削部品を切り替え。チタン部品により耐久性が向上し設備の故障率を低減

■3Dプリンターで効率の良い冷却水管をもつ金型部品を製造

■3Dプリンターで機械部品を中空形状にすることで軽量化を実現。駆動モーターの小型化に寄与し機械全体での省エネ化を達成

デザインから3Dプリント製造までをサポートした事例

弊社は金属造形だけでなく、樹脂やさまざまな素材の3Dプリント、切削やプレスなどさまざまな工法でものづくりをサポートしています。

インダストリアルデザイナーや製造コンサルタントがデザイン・設計・製造を一括で支援させて頂いております。

写真の豊島屋様向け配達車は、Honda様との共同開発のもと、弊社で内外装のデザイン・設計・製造を行い「広告宣伝もできる小回りがきく配達車がほしい」という豊島屋様のご要望にお応えしました。

お客様からのお声など

展示会では自動車業界に限らずロボット、機械、電子部品業界などたくさんのお客様にご来場頂きました。

特に金属造形のサンプルがお客様に好評で、樹脂のイメージが強い3Dプリントで金属も高い精度で造形できることに興味をお持ちいただき、具体的な強度や素材、納期等についてのお問い合わせをいただきました。

金属3Dプリントをご存知のお客様からも、試作をしてみたいがどこに依頼すればよいか分からなかった、ぜひ依頼してみたい、等のお声を頂いております。

弊社では、さまざまな技術に精通したプロが在籍し、ものづくりのあらゆる工程におけるお客様のお悩みを解決しております。

ご興味のある方はぜひお気軽に弊社へお問い合わせください。


その他の記事

Other Articles

→
←

関連職種

Recruit

検査・検品(パートタイム)

業務内容

募集対象 検査・検品(パートタイム) カブクについて 当社は”3Dプリンター”をつかったデジタルものづくりを軸 […]

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

     
お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:10:00~18:00
※土日祝は除く