Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

初めに

こんにちは。カブクのフロントエンドエンジニア、Simonです。

最近プリリリースのAngular 2 RC1で書かれていたプロジェクトを 一つ一つAngular 2 RC7そして安定版の2.0.0まで上げる業務をしましたので、その中で発見した気づきなどを書きたいと思います。

Angular 2について

Angular 2 は、非常に人気の高かったウェブフレームワークAngularJS 1を2016年の最新のテクノロジーを用いて作り直したフレームワークです。最近のウェブアプリケーション開発では、クライアントにロジックがどんどん入れていく流れが主流であり、JavaScriptはこの2,3年でかなりのペースで進化しています。2009年にリリースされたAngular1は今だと古く見え、Googleが再び一から作り直したJavaScriptフレームワークがAngular2です。

書き換え開始

書き換えを始めた当初の作戦は、単にpackage.json のRC1を全てその頃最新版のRC5に変え、とりあえずアプリをロードしてコンソールに出てくるエラーを一つ一つ直していくというものです。しかし、実際にはこの方法はうまくいきませんでした。なぜなら、解読不能なエラーばかりだったためです。そのため、この方法は早い段階で諦め、バージョン一つ一つ上げていく方針に変更しました。

バージョンを上げていく上で対応した大きなチェンジは3つ。
Forms APIの変身、
Router APIの変身、
そしてimportを管理するModuleが新しく入ってきたこと。
これらの変更については、ドキュメントが充実しており、変更量が多いいもののなんとか対応することができました。

しかし、実際に悩まされましたのは、細かくてドキュメントがほとんど無いチェンジやzone.js、angular/core、angular/http、Webpack などAngular2にコアなところに入ってたバグです。

このようなブレイキングチェンジやバグの内容を調べるには各Githubページをいろいろ読む必要があり、ソーシャルコーディング時代を感じました。

最終的にはプロジェクトがおよそ18000行に対して書き換えた行数2000以上と、着いていくためにコードベース1割以上の変換が必要になり、かなりメジャーなブレイキングチェンジでした。ベータソフトウェアは、便利な機能が使え、長くサポートが続くことを期待できますが、ブレイキングチェンジがどれだけ出てくるか予測できないので難しいところです。これからAngular 3.0.0までの最低6ヶ月間、ブレイキングチェンジのないのフレームワークを使用できるので、とても嬉しいです。

書き換えでつまずいた点

ここからは書き換えでつまずいた点を幾つか並べていきたいと思います。変更が小さいにもかかわらず、かなり悩まされたので、もしこれから対応する方がいれば、この記事を参考にするとスムーズにアップグレードできるはずです

1 Webpack 2のアップデート

Angular 2, TypeScript 2, Webpack 2と揃えていくのがAngularチームのオススメなのですが、Webpack 2がまだbeta状態です。最近の2.1.0.beta23で大きなブレイキングチェンジが入ってきました。
今は2.1.0.beta22にバージョンを収めてAPIが落ち着いてからのアップグレードが安全かと思います。

2 NgModule

地味にPipeが一つ動いていなかったりしたら、間違えた@NgModuleのセクションにそのimportをコピペしている可能性があります:


@NgModule({
    declarations: [Components, Directives, Pipes],
    imports:      [Modules],
    exports:      [親Moduleに公開したいもの > Exports (DeclarationsとExportsと2回書く必要がある)],
    providers:    [Services, Providers]
})

3 ライブラリ名の更新

ライブラリが動かない。ライブラリで使ってたdirectiveやpipeが急になくなったりしたら、ライブラリの名前がLibrary からLibraryModuleに変わってる可能性があります。

4 ng-content

ng-contentのselectorが今までカスタムなelementタグを使えたものの、RC6からはcssクラスなどを使うことが必要になりました。Angularがスペル間違いを防ぐために厳しくelementの名前の検証をしだしたからです。Native element かComponent selectorでなければエラーが出ます。


RC1:
<custom-element></custom-element>
2.0.0:
<div class=“custom-element”></div>

5 コードスタイルチェック

Codelyzer 0.0.17 以上に変えたらtslintからExceptionが飛ぶ:
Codelyzerのセットアップが少し変わりました。
tslint.jsonで:


"rulesDirectory": [
    "node_modules/codelyzer/dist/src"
],

から


"rulesDirectory": [
    "node_modules/codelyzer"
],

6 System.importからのウォーニング

angularのコンパイラの中からビルドウォーニングが出る:


WARNING in ./~/@angular/core/src/linker/system_js_ng_module_factory_loader.js
45:15 Critical dependency: the request of a dependency is an expression

WARNING in ./~/@angular/core/src/linker/system_js_ng_module_factory_loader.js
57:15 Critical dependency: the request of a dependency is an expression

System.importが使われているところに今のフォルダ名をinjectする必要がある:
Webpackだと、以下の追加で治ります


  plugins: [
    new webpack.ContextReplacementPlugin(
      /angular(\\|\/)core(\\|\/)(esm(\\|\/)src|src)(\\|\/)linker/,
      __dirname // Location of your source code
    ),
]

これはちょっと不便なのでAngularチームも将来これを直してくれるかもしれません。そのGithub Issue。

7 検索ツール

2.0.0はリリースされたばかりのため、参考にしようと検索エンジンで記事を検索しても、2.0.0対応の記事はあまりでてきません。。
Google > 検索ツール > 期限指定1週間以内 が必須でした。

8 angular/httpのバグ

RC5だとhttp getとrequestにbodyが必要というバグがありました。無いとexceptionが飛びます。
RC5の時だけrequestとgetの前にこれをチェックする必要がある:


        if (options && !options.body) {
            options.body = '';
        }

9 AoTコンパイラ

Ahead of Time コンパイラでAngular2コードを普通のJSコードに変換することでクライアント側へ送信するファイルサイズを減らすことができます。しかし、現状ではAoTコンパイラではrequireを使用することができません。
これまでは、requireを使ってテンプレートファイルを全てインラインしてきましたが、AOTコンパイラを使用する場合には、TemplateURLを使いwebpackのTemplateURLをインラインしてくれるモジュール「angular2-template-loader」を追加する必要があるようです。現在のプロジェクトでは、多くの箇所でrequireを使用しているので、AOTはまだ使えてません。

10 ブログ

あとラコさん(@laco0416)のブログがすごく役に立ちます。

まとめ

Angular2はAngular1よりパフォーマンスがよく、Angular1に比べて見た目が普通のES2016やウェブコンポーネンツに近いので、よりスムーズな開発ができると思います。
最後になりますが、カブクはAngular2で開発をしたい人材を募集してます!

その他の記事

Other Articles

2019/11/06
GraphQLの入門書を翻訳しました

2019/09/20
Kabuku Connect 即時見積機能のバックエンド開発

2019/08/14
Maker Faire Tokyo 2019でARゲームを出展しました

2019/07/25
夏休みだョ!WebAssembly Proposal全員集合!!

2019/07/08
鵜呑みにしないで! —— 書籍『クリーンアーキテクチャ』所感 ≪null 篇≫

2019/07/03
W3C Workshop on Web Games参加レポート

2019/06/28
TypeScriptでObject.assign()に正しい型をつける

2019/06/25
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2019夏

2019/06/21
Hola! KubeCon Europe 2019の参加レポート

2019/06/19
Clean Resume きれいな環境できれいな履歴書を作成する

2019/05/20
[Web フロントエンド] 状態更新ロジックをフレームワークから独立させる

2019/04/16
C++のenable_shared_from_thisを使う

2019/04/12
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(Python で API 編)

2019/04/08
WebGLでレイマーチングを使ったCSGを実現する

2019/04/02
『エンジニア採用最前線』に感化されて2週間でエンジニア主導の求人票更新フローを構築した話

2019/03/29
その1 Jetson TX2でk3s(枯山水)を動かしてみた

2019/03/27
任意のブラウザ上でJestで書いたテストを実行する

2019/02/08
TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

当ポジションは弊社Webサービスのフロントエンド機能設計及び実装を担当します。 サービス毎の開発チームで2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 週次で開発チームミーティングを実施し、実装設計の相談や工数見積もりを行います。 全ての開発コードはレビューと自動テストによって品質を保っています。 また、リファクタリングやフレームワークのバージョンアップも開発フローに組込み、技術的負債を放置しない開発を目指しています。

インターン(Webエンジニア)

業務内容

業務から独立した、調査・研究系のタスクをおまかせしています。コードレビュー、 社内での報告会、 ブログ記事執筆を通して着実にスキルアップしていただくことを目指しています。 (希望があれば、プロダクトの開発業務もおまかせします。)

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く