カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/06/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはこんばんちわ、カブクの足立です。

前回から約半年、またまたカブクエンジニア開発合宿に行ってきましたので、そのレポートをお送りいたします。
前回の合宿のアンケートのフィードバックを取り入れての開催です。

改善点

成果発表のスケジューリングが甘い(質疑応答が白熱して一人の時間が長くなりがち)。

このフィードバックを受け、成果発表は時間の厳守を徹底しました。
時間制約を設けた代わりに、発表資料の作成を禁止し(成果だけの発表とする)、成果物で語ってもらうことにしました。
もちろん背景や目的が無いとなぜ作っているのかが分からないので、そこは口頭で簡単に説明を補いました。

テーマとルール

合宿のテーマやルールは前回と同じです。
簡単に纏めると。。。

テーマ

自分の成果に貢献する。
カブクでは四半期ごとに成果評価しますので、その成果にコミットする何かを開発するのがテーマです。

ルール

1: 就業時間を守る
限られた時間で最大の成果を出すための会にしたい。参加者同士の懇親も大事にしたい。残業無し!

2: 発表する
目標が決まっている緊張感は良い集中のためのカンフル剤。

3: 自由参加
参加できない人もいて、そもそも強制できないから、いっそのこと自由参加。

場所

神奈川県の湯河原の「おんやど恵」です。

前回と同じ場所です。開発環境、アクセス、ロケーション、時間の柔軟性、ご飯、温泉、ホスピタリティもろもろ満足度高いです。
ただ、そろそろ目新しさも欲しくなってきた今日このごろ…

スケジュール

今回の合宿のスケジュールはこんな感じ。

05月17日
11:30 / JR湯河原駅集合(※勝手に来てください)
11:30 – 12:30 / ランチ & スケジュールの説明
12:30 – 13:00 / ホテルへ移動
13:00 – 18:00 / 開発
18:30 – 20:30 / 夕食
20:30 – / Free(懇親会&自由)
26:00 – / Google I/O 2017を見る会(※自由参加)

05月18日
08:00 – 08:30 / 朝食
09:30 – 12:00 / 開発
12:00 – 13:00 / ランチ
13:00 – 15:00 / 発表
15:00 – / チェックアウト

ちょうどGoogle I/O 2017の初日と同日になった(した)ので、Youtube Live見たい人は一緒に見ましょうの時間を作りました。
他の変更点は、前回のアンケート結果を鑑みて、発表の時間を少し長めに設定。
※1人10分で8人で80分。PC切換えを含めても90分で終わるはず(バッファを取って2時間)

次の日がツラいのを折り込み済みでGoogle I/O 2017を見た人は案の定、次の日ツラかったです(私です)。
個人的には今年のGoogle I/O面白かったですね。
「TF Liteふぇ??」「Kotlinまじかー?!」「VRグイグイくるぅ!」「TPU!TPU!TPU!(※安いやつ頼む)」「フォトブックの事を来年覚えている参加者は何人いるかな?」とかとか。

フォトレポート

JR湯河原駅集合からのランチ


みんな大人だし住んでる場所もバラバラなので現地集合ね。
移動中に一人合宿をしていた人が湯河原駅を乗り過ごして熱海まで行ってしまい遅刻するというハプニングも…
※私です本当にスミマセン


駅から少し歩いた「しらこ」というお店でランチです。
丁寧な和食が美味しいお店でした。

ホテルに移動


お腹もいっぱいになったので、腹ごなしにホテルまで歩いて移動。
ホテルまでは遠すぎるというわけでもなく、季節的にも暑くもなく寒くもなく、とても気持ちよく歩けます。

ホテルに到着


写真は前回と同じアングルですが…。無事到着。ほぼ予定通りの13時着です。

開発スタート!


今回は、前回とは違う和室(宴会場として使う部屋らしいです)が会場です。
2回目にして慣れた感じで準備をすすめ、開発スタートです。


無駄話もなく開発に取り組む切り替えの速さは流石!(この間0.025秒)

一日目終了


部屋割りをアナログなあみだくじで決めます。
意外と盛り上がるw


1部屋4人としては十分過ぎるぐらいの広い部屋でゆったり。
6人ぐらいは入れるんじゃないかな…

夕食です


懇親会も合宿の目的の1つ。
美味しいご飯とお酒でワイワイ楽しみます。
平日ど真ん中の開催なので、他の宿泊客も少なく、まったり楽しめました。


英人「オージービーフってなんですか?」
日本人「オージーだからオーストラリアだよ」
英人「あ!?オージ!なんでオージーって最後伸ばすんですか?」
日本人「え?むしろ伸ばさないの???オー!ノーッ」


夕食後は温泉に入ったり、部屋でダラダラと時を待ちます。

Google I/O 2017 Kabuku Extended


通称Kabuku I/O。
やっぱりI/O盛り上がります。
新しい技術ってワクワクしますよね。
みんなで見るとなお楽しかったです。
「おぉ!」とか「えぇ〜?」とか「ねみぃー」とかワイワイできるの楽しいです。
※布団持ち込みとかもできて、Live View会場としてサイコーですw

余談ですが(というか余談しかしてませんが…)、ホテルで準備してくれているharman/kardonの「AURA」というスピーカーは、会場に居るかのような錯覚をおぼえるほどに違和感のない自然な音響で、Live Viewに入り込めてとても良かったです。

Day2


Kabuku I/Oに参加した人も、しなかった人も、みんなで朝食です。
※メッチャ眠い…

最後の追い込み


朝食後9時から12時までの3時間。
最後の追い込みです。
誰も喋らずモクモクとひたすらにキーボードに魂を叩き込みます。(この間0.020秒)

発表前のランチ


発表前のランチはホテル目の前の蕎麦屋で。

発表


いよいよ発表です。発表5分、質疑応答5分で一人10分です。


宣言どおり、発表資料無しで、デモとトークだけの発表です。

Deep Learningで3Dモデルの検索システムのプロトタイプ作ったり


※高橋憲一撮影

Angularのフロントエンドテストを高速化したり

WebGLでGPGPUできないか模索したり

サービスのバックエンドをGKE化したり

TensorBoardをイイ感じにしたり

GAEのテストを爆速にしたり

3Dモデルの新しい解析アルゴリズムを作ってみたり

鬼のようにAngularのテスト書いてカバレッジ上げまくったり

各々、今四半期の目標達成に貢献する内容に集中して取り組めました。

おわりに

前回と同じ感想ですが、やっぱりやってよかったです。
いつもと違った環境は心理的にも晴れやかになり、より良い集中を得ることができる気がします。
前回の課題であった発表時間は、参加者の意識の高まりもあり、スケジュールどおりでき、全体の満足度も高く終わることができました。

改善点

今回の参加者アンケートから、新たな課題も見えてきました。

・テーマが「今四半期の目標に貢献する何か」なので、全く新しい何かにチャレンジできない
・開発時間が短い
・複数人で開発するチームテーマとかあっても面白いかも
・開発部屋はもうちょっと広いとうれしい
・肝試しやりたい
※個人的には肉焼きたいです

カブクの合宿の明日はどっちだ!

その他の記事

Other Articles


TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

サーバーサイドエンジニア(Python/Go)

業務内容

カブク自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のサーバサイド開発。WebサービスのバックエンドやAPIの設計・実装をお任せします。

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のフロントエンドの設計や実装をお任せします。 また、新規サービス開発プロジェクトへも参画いただけます。

機械学習エンジニア

業務内容

機械学習を用いた3Dデータや2Dデータからの情報抽出モデルの構築やセンサーデータの分析モデルの調査・研究・開発。 PoCだけでなく、データの前処理や学習、ハイパーパラメータチューニング、獲得モデルの評価、適用、運用のパイプライン構築まで、機械学習をプロダクション適用する全てのお仕事に携われます。

インターン(エンジニア)

業務内容

カブクの社員と肩を並べて、実業務を中心とした知識やスキルを身につけていただく実践型インターンシップ。スタートアップならではのスピードがあり、ダイナミックな就業経験を体験することが可能です。

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く