カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/11/20
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはこんばんちわ、カブクの足立です。

前回から約半年、第3回目となるカブクエンジニア開発合宿に行ってきましたので、そのレポートをお送りいたします。
初回、第二回のアンケートのフィードバックを取り入れての第3回目の開催です。

改善点1: 開発時間を拡大

開発時間がちょっと短いというアンケート結果から以下の2点で改善しました
1. 現地11時集合
2. お弁当の導入

今までの現地は最寄り駅でしたが、今回から現地をホテルの玄関としました。
これにより、11時過ぎからガッツリ開発を開始できます。

集合が11時になったので、お昼ごはんをどうするかが問題になるので、事前にお弁当を発注して対応しました。
また、翌日の12時から成果報告会を開催する予定でしたので、見ている側はお弁当を食べながらとすることで、時間を節約し、開発時間を拡大しました。

いつもお世話になっている「おんやど恵」さんは、こういったお弁当など柔軟に対応してくださり凄く助かります。

改善点2: テーマに自由度が足りない

開発テーマとして「自分の成果にコミットする」を第1回と2回つづけて行ってきました。
というのも、カブクのエンジニアは完全成果主義です。
成果によってのみ評価されますので、合宿でその成果の達成率を上げてましょうという狙いでした。

そうすると、短期的(カブクの成果評価は3ヶ月ごと)には良いのですが、6ヶ月やそれ以上の長い視点での開発や技術投資ができません。
そこで、今回のテーマを「ちょっと先の仕事に役に立つかもしれない何かにチャレンジする」としました。

テーマとルール

テーマは上述の通りで、ルールは今までと変わりなく、簡単に纏めると。。。

テーマ

ちょっと先の仕事に役に立つかもしれない何かにチャレンジする
※新しい技術を味見しましょう的な感じ

ルール

1: 就業時間を守る
ハッカソンみたく、夜中までガリガリやるのではなく、限られた時間で最大の成果を出すための会にしたい。参加者同士の懇親も大事にしたい。開発は18時半まで!残業無し!

2: 発表する
成果を必ず発表する。「できませんでした」も成果の一つととらえ、何にチャレンジしたのか、それがどうだったのか、何故うまくできなかった(できた)のかなどを発表してもらいます。
資料を作る時間がもったいないので、実際に動いている画面やらを見せながら発表します。

3: 自由参加
自治と自由を重んじるカブクですので、参加も自由です。個人の裁量によって参加してもらっています。

場所

神奈川県湯河原の「おんやど恵」です。

全3回、ずっと同じ場所です。開発環境、アクセス、ロケーション、柔軟性、ご飯、温泉、ホスピタリティもろもろ満足度高いです。
目新しさを求めて、別の宿を探すのですが、よい条件が整っているホテルが見つけられていません。
と書くと消去法的に聞こえますが、満足度の高いお宿なので、それと肩を並べるレベルの宿が見つけられていないのです。

スケジュール

今回の合宿のスケジュールはこんな感じ。
年々、スケジュールの項目が減ってきていますw

11月13日
10:50 / ホテルに集合(※勝手に来てください)
11:00 – 18:30 / オリエン、ランチ、開発
18:30 – 20:30 / 夕食
20:30 – / Free(懇親会&自由)

11月14日
08:00 – 08:30 / 朝食
09:00 – 12:00 / 開発
12:00 – 15:00 / ランチ、発表(聴講者はランチを食べなたら)
15:00 – / チェックアウト

今回は参加者9名で、発表時間が3時間!長い!
1人発表5分で質疑応答は5分(盛り上がったらこの限りではない)。
というスタイルで行ったのですが、質疑応答が盛り上がり、結局3時間まるまる使いました。
技術の話は楽しくてイイですね。
これがカブクの開発合宿の一番の醍醐味な気がします。

フォトレポート

集合場所をホテルにしても…


結局、同じ電車になることが多く、殆どの人がJR湯河原駅から一緒に歩いてホテルまで移動。


JR湯河原駅が改装され、きれいになっていました。温泉水(?)が流れ、旅行感UP。

ホテルに移動


4K動画撮りながら移動です。
JR湯河原駅からホテルまでは約2.2kmあり少し長いのですが、天気さえ良ければ川沿いを気持ちよく歩けるので、移動は自然と徒歩に。

ホテルに到着


俺はホテルに着いたぜッ!


まいどおなじみのアングルでも1枚。

開発スタート!


3回目ともなるとサクサクッとセットアップを完了し、各々、開発スタート。
ダラダラすること無く、切換え早いのは流石です!
参加者は事前に何に取り組むかを宣言しており、やることが明確になっているのも良いスイッチになっているかもしれません。


今回はお弁当支給なので、食べながら開発。
ゆっくり食べてから開発に取り組んでも良いのですが、食欲よりも開発欲が勝るのが開発者という生き物。

一日目終了


恒例の部屋割りアミダクジです。
今回は2部屋をお借りしたので、どちらの部屋になるかを決めます。

夕食です


懇親会も合宿の目的の1つ。
美味しいご飯とお酒でワイワイ楽しみます。
※写真からワイワイ感が漂ってきませんがwww

もちろん4K撮影も忘れません。


夕食後は温泉に入ったり、部屋で雑談。

Day2


2日目、みんなで朝食からスタートです。
4K撮影も忘れずに!

最後の追い込み


朝食後9時から12時までの3時間。
最後の追い込みです。
ひたすら、集中です。
殆ど会話はありません。
モクモクモクモク。

発表順を決める


発表順もやっぱりアミダクジで決めます。
なぜアミダにそこまで拘るのか?
知りません!

発表

いよいよ発表です。
発表5分、質疑応答5分で一人10分です。
ただし、今回はご飯(お弁当)を食べながらというスタイルなので、12時から15時まで3時間もあります。
議論がはずめば、質疑応答の時間は制限しないことにしました。
宣言どおり、発表資料無しで、デモとトークだけの発表なのですが、資料があったほうが説明しやすい人は資料を準備していました。

YOLO v2を試してみた


業務ではYOLOより良いとされるSSD(Single Shot multibox Detector)で物体検知をしていたけど、YOLO v2も良いらしいってことで、評価のため試してみた。

Polymer v3とかlit-html


Webフロント界隈はアプリ化に向けてフレームワーク戦争が激化していますが。Polymerもにぎやかになってきたので、実際に手を動かして理解を進めてみたり。

FCMでWeb Push


もともと実装したかった通知機能をこの合宿の間にFirebase Cloud Messagingを使ってWeb Pushでおおかた実装して機能を完成させちゃったり。

Spinnakerをつかってみた


会社ではGKEを主としてk8s/dockerなどを使っているので、GUIでサクサク管理できたらステキやんってことでSpinnakerを試してみたら、設定面倒くさいやん、設定のimport機能はよ、とか分かったり。

TensorFlowのモデル最適化と量子化


※Kenichi Takahashi撮影

量子化とか言ってみたいだけやん。
※4K動画撮影はこの途中で終了。SDカードの容量(128GB!)オーバー。4K/60fps恐るべし!
※発表が一番重要なのにw
※っていうか何故4K撮影してるの?w

ng-annotateの開発


AngularJSのminify対策でannotationを良い感じに変換するツールを作ってみたり。

2Dから3D変換


ベクターなんだけど意味的に纏まっていない2Dを3D化できるか検証してみたり。
意味付けからとか地獄なんですけどね…w

CMSをマークダウン対応に


会社ブログ(たとえばこの記事)とかは、独自開発のCMSなのですが、これをマークダウンに対応させるために、裏側のデータ構造やらソースコードをリファクタリングしつつ新規作成したりってことを全部1人でやっちゃったり。

新データ構造で3Dモデルの構造解析


Half-Edge構造で3Dモデルを解析しているとGPU処理化が難しく、劇的な性能向上が出来ないので、
別構造を試して、GPUで並行処理出来るようにしてみたり。

いままで、試してみたいなぁと思っていたことを、この際に思い切って味見できました。

おわりに

3回目ともなると、マンネリ化してしまうかと思ったのですが、やっぱり集中して開発して、みんなでワイワイ議論できるのは、ただただ楽しいですね。
前回の課題であった開発時間も少し長く取れて、開発としての満足度は高かったように思います。
※アンケートではもっと!という意見もありましたが…(汗)

あと、テーマに自由度をもたせたので、ギリギリになるまでやることが固まらない人もいましたが、合宿までには個人のテーマを決め、当日は深く取り組めたのではないかと思いました。

改善点

今回の参加者アンケートから、次の改善点は次のような感じです。
※常に仕組みや規則をデバッグしながらより良い形にしていくのがカブクの文化

・二日目の開発時間(3時間)が少し短い
・発表時間が少し長い(質疑応答はMAXを決めたほうが良さそう)
・お弁当のクォリティに改善の余地あり
・それぞれの開発テクニックをモブプログラミング形式で共有できると良い
・ベストスピーカー賞などあっても良さそう
・クラタス作りたい

では、また半年後。

その他の記事

Other Articles

2019/09/20
Kabuku Connect 即時見積機能のバックエンド開発

2019/08/14
Maker Faire Tokyo 2019でARゲームを出展しました

2019/07/25
夏休みだョ!WebAssembly Proposal全員集合!!

2019/07/08
鵜呑みにしないで! —— 書籍『クリーンアーキテクチャ』所感 ≪null 篇≫

2019/07/03
W3C Workshop on Web Games参加レポート

2019/06/28
TypeScriptでObject.assign()に正しい型をつける

2019/06/25
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2019夏

2019/06/21
Hola! KubeCon Europe 2019の参加レポート

2019/06/19
Clean Resume きれいな環境できれいな履歴書を作成する

2019/05/20
[Web フロントエンド] 状態更新ロジックをフレームワークから独立させる

2019/04/16
C++のenable_shared_from_thisを使う

2019/04/12
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(Python で API 編)

2019/04/08
WebGLでレイマーチングを使ったCSGを実現する

2019/04/02
『エンジニア採用最前線』に感化されて2週間でエンジニア主導の求人票更新フローを構築した話

2019/03/29
その1 Jetson TX2でk3s(枯山水)を動かしてみた

2019/03/27
任意のブラウザ上でJestで書いたテストを実行する

2019/02/08
TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

当ポジションは弊社Webサービスのフロントエンド機能設計及び実装を担当します。 サービス毎の開発チームで2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 週次で開発チームミーティングを実施し、実装設計の相談や工数見積もりを行います。 全ての開発コードはレビューと自動テストによって品質を保っています。 また、リファクタリングやフレームワークのバージョンアップも開発フローに組込み、技術的負債を放置しない開発を目指しています。

インターン(Webエンジニア)

業務内容

業務から独立した、調査・研究系のタスクをおまかせしています。コードレビュー、 社内での報告会、 ブログ記事執筆を通して着実にスキルアップしていただくことを目指しています。 (希望があれば、プロダクトの開発業務もおまかせします。)

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く