TypeScriptで関数の部分型を理解しよう

2020/08/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、バックエンドエンジニアのほとけちゃんです。社内では他にテキストチャット弁慶なども担当しています。Slackでわめくのが仕事です。

さて、現在開発中の新規サービスではバックエンドにTypeScriptを採用しているのですが、チーム内にTSに不慣れなメンバーもいたためThe TypeScript Handbookを輪読しています。TSのわけわからん機能を知ることができてなかなか面白いです。

Handbookは丁寧に書かれている一方、実は型システムや数学の前提知識を要求しているくせに詳しい説明も無くさらっと書かれている箇所もいくつかあります。その中でも関数型同士の部分型について口頭で説明するのに骨が折れたので、どうせならブログにまとめようと思い筆を取りました。なるべく小難しい単語(structural subtypingとかco-variantとか)を使わない説明を心がけたのでお付き合い頂けると嬉しいです。ただし、ユニオンやインターセクションの理解は前提とします。

なお、本稿の内容は『型システム入門』の15章を読めば大体わかるので、あれを理解している人は読まなくても大丈夫です。粗探しために読むのは歓迎します。

部分型の基本

大雑把に言ってしまえば、部分型のモチベーションは「安全な範囲ならばある型の値を別の型の値として扱いたい」というものです。こう書いてしまうと「そんなことあるの?」と思う向きもおられるかもしれませんが、実のところ日常茶飯事です。

function hello(arg: {name: string}): string {
  return 'Hello! ' + arg.name;
}

helloの引数の型は{name: string}なので、アサーション等の特殊な操作をしない限りhelloのボディの中ではarg.name以外のプロパティにはアクセスできません。だったら、helloの引数にはstring型のnameプロパティを持つ値だったら何でもいいと思いませんか?だってnameさえあれば危険な操作は起こり得ないですからね!

部分型はそれを実現するための仕組みです。実際、次のコードはコンパイルできます。

const arg = {name: 'John', age: 1}
hello(arg)

name: stringなプロパティを持つ変数であれば{name: string}型の部分型の値として扱われ、{name: string}を期待する関数の実引数にすることができるのです。ただしhello({name: 'John', age: 1})は型エラーになるので注意して下さい。部分型を与えていて安全であるにもかかわらず、オブジェクトリテラルの場合だと厳密な型の一致が求められます。理由はよく分からないというか調べていないのでエスパーすると、後からこの呼び出し部分のコードを読んだときに関数の型を誤解する可能性があるから、などでしょうか。

部分型の動きをよりシンプルに確認できるのが代入です。

const subUser: {name: string, age: number} = {name: 'John', age: 1};
const user: {name: string} = subUser;

もうお分かりでしょうが、2行目が怒られないのはsubUserの型が{name: string}の部分型だからです。

もう一つ具体例を見ましょう。人によってはこのユニオン型の例の方が理解しやすいかもしれません。

function stringify(arg: number | string): string {
  if (typeof arg === 'number') {
    return arg.toString()
  }
  return arg
}

stringify(1) // -> '1'
stringify('hoge') // -> 'hoge'

stringify(1)が通るのは、number型がnumber | string型の部分型だからです。stringifyのシグネチャは引数にnumberが来ることを想定しているので、実際にnumberの値を適用しても安全です。ユニオン型については一般に、「任意の型T, SについてTST | Sの部分型である」という命題が成り立つはずです1

ついでに言うと、インターセクションについても部分型関係にかんして一般的な命題が成り立ちそうです。例えば{name: string} & {age: number}という型は{name: string, age: number}と等価です。オブジェクトのインターセクションを取るとプロパティがどんどん増えることになります。ということは……予想がついたと思いますが、「任意の型T, Sについて、T & ST, Sそれぞれの部分型になる」と言えるはずです2

関数の部分型付け

それでは本題の関数型について見ていきましょう。関数型の間にも部分型関係が定義されています。これまでも「安全な範囲で」とか「危険な操作」という表現を使ってきましたが、どのように部分型関係を構築すれば安全なのでしょうか?

結論から言えば、関数型においては「USの部分型で、TVの部分型ならば、S => TU => Vの部分型」になります。注意してもらいたいのは、引数の部分型関係が逆転するかたちになる点です。パッと理解できなかった人は2つ前の文をじっと睨みつけて下さい。S => Tと書いたときSが引数の型、Tが戻り値の型です。

なんだかややこしいです。何故こんな小難しい決まりになっているのでしょうか。具体例で考えましょう。以下のコードをコンパイルできると仮定しましょう。

type F = (arg: {n: number, s: string}) => {s: string}
function funcSub(arg: {n: number, s: string, b: boolean}): {s: string} {
  console.log(arg.b)
  return {s: arg.s}
};

const f: F = funcSub;
f({n: 1, s: 'hoge'})

コンパイルが通るということはfuncSubFの部分型です。funcSubの第一引数の型はbというプロパティを持っているので自由にarg.bという式を呼び出せます。しかし、8行目で引数として与えられているオブジェクトにはbというプロパティを持っていません。あーーー危ないですね。実際にはこのコードはコンパイルエラーになります。えらい!

では、どんな型を部分型とすると安全なのでしょうか。結論から言えば、「引数の型がn: numbers: string以外の余計なプロパティを持っていない型」です。それは別に{n: number}でも構いません。プロパティsは使われないで終わるだけです。なんなら{}でも構いません。全てのプロパティが無視されるだけです。安全です。

これをより正確に言えば、期待される引数の型は「{n: number, s: string}を部分型とする型」({n: number, s: string}のスーパータイプとも言う)になります。

他方、戻り値の型の部分型関係は同じ向きをしています。

const f: F = someFunc;
const res: {s: string} = f({n: 1, s: 'hoge'})

res{s: string}型なので、sにしかアクセスできません。なのでsomeFuncの返り値はs: stringさえ持っていればあとは任意です。つまり、{s: string}の部分型であればよいのです。

したがって、例えば(arg: {n: number}) => {s: string, b: boolean}Fの部分型ですが、(arg: {n: number, s: string, b: boolean}) => {s: string}は違います。こうやって上から矢継ぎ早に言われても理解が追いつかないかも知れないので、手元で色々と具体例を作って確認することをお勧めします。

inferの挙動を理解する

関数の部分型の説明はこれで終わりですがおまけです。そもそも輪読会で部分型が話題になったのは、HandbookのType inferece in conditional typesにおいてでした。関数の部分型を理解した我々ならこの節を読むのも楽勝です。若干駆け足になりますが、最後にここの解説をして終えたいと思います。理解できなければHandbookの原文をじっくり読んでみて下さい。

inferキーワードはこんな使われ方をしています。

type ReturnType<T> = T extends (...args: any[]) => infer R ? R : any;

またなんか難しそうなのが出てきましたね。ここでは、「Tが何らかの関数型だったらその戻り値の型をRに束縛してRを返し、そうでないならanyにする」という操作が行われています。例えばReturnType<() => string>ならstringだし、ReturnType<string>anyです3

次はより複雑です。

type Foo<T> = T extends { a: infer U; b: infer U } ? U : never;

自然言語で説明すると、「Tabというプロパティを持つ型だったら、aの型とbの型の両方がその部分型になるような型を見つけてそれをUとする」という操作がここでは行われます。具体的には、Foo<{ a: string; b: number }>string | numberになります。stringnumberstring | numberの部分型ですからね4

最後です。やっと関数型が登場します。

type Bar<T> = T extends { a: (x: infer U) => void; b: (x: infer U) => void }
  ? U
  : never;

基本的には上のFooと同じで、abの両方がU => voidの部分型になるようにUを探します。ここでinferが引数の型の方についていることに注目して下さい。引数の型の部分型関係は逆転します。つまり、Uabの引数の型の部分型になります。Fooの場合とは逆であることに注意して下さい。

ではBar<{a: (x: {n: number}) => void, b: (x: {s: string}) => void}>はどんな型になるでしょうか。引数の型はそれぞれ{n: number}{s: string}です。こいつら両方の部分型になる型が欲しいわけです。どうしましょう。

答えは簡単、インターセクションを取ればいいのです。つまり{n: number} & {s: string}です。インターセクションが部分型になるのは上で確認した通りなので、わからない場合は読み返してみて下さい。

おわりに

ブログの常として最後の方は息切れするのと飽きるのとで駆け足になってしまいましたが、本稿は以上になります。ブクマとブコメ待ってます。


  1. この記事は部分型の理論の知識で書いているので、実際のTSの型システムがそうなっているかは正直言って不明です。間違っていたらブコメとかに書いて下さい。 
  2. 「string & numberはneverなのでプロパティ増えなくない?」と思った人は鋭い。でもneverはstringとnumberの部分型です。参考 
  3. 組込みのReturnTypeとは定義が異なるようで、そちらは関数以外の型は与えられません。 
  4. ただ、条件を満たす型は無限にあります。 string | number | booleanとかもそうで、ユニオンをどんどん足していっても条件を満たします。その中でも一番小さいやつを選ぶのでしょう。 

その他の記事

Other Articles

2020/06/16
[Web フロントエンド] esbuild が爆速すぎて webpack / Rollup にはもう戻れない

2020/03/19
[Web フロントエンド] Elm に心折れ Mint に癒しを求める

2020/02/28
さようなら、TypeScript enum

2020/02/14
受付のLooking Glassに加えたひと工夫

2020/01/28
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2020冬

2020/01/30
Renovateで依存ライブラリをリノベーションしよう 〜 Bitbucket編 〜

2019/12/27
Cloud Tasks でも deferred ライブラリが使いたい

2019/12/25
*, ::before, ::after { flex: none; }

2019/12/21
Top-level awaitとDual Package Hazard

2019/12/20
Three.jsからWebGLまで行きて帰りし物語

2019/12/18
Three.jsに入門+手を検出してAR.jsと組み合わせてみた

2019/12/04
WebXR AR Paint その2

2019/11/06
GraphQLの入門書を翻訳しました

2019/09/20
Kabuku Connect 即時見積機能のバックエンド開発

2019/08/14
Maker Faire Tokyo 2019でARゲームを出展しました

2019/07/25
夏休みだョ!WebAssembly Proposal全員集合!!

2019/07/08
鵜呑みにしないで! —— 書籍『クリーンアーキテクチャ』所感 ≪null 篇≫

2019/07/03
W3C Workshop on Web Games参加レポート

2019/06/28
TypeScriptでObject.assign()に正しい型をつける

2019/06/25
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2019夏

2019/06/21
Hola! KubeCon Europe 2019の参加レポート

2019/06/19
Clean Resume きれいな環境できれいな履歴書を作成する

2019/05/20
[Web フロントエンド] 状態更新ロジックをフレームワークから独立させる

2019/04/16
C++のenable_shared_from_thisを使う

2019/04/12
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(Python で API 編)

2019/04/08
WebGLでレイマーチングを使ったCSGを実現する

2019/04/02
『エンジニア採用最前線』に感化されて2週間でエンジニア主導の求人票更新フローを構築した話

2019/03/29
その1 Jetson TX2でk3s(枯山水)を動かしてみた

2019/03/27
任意のブラウザ上でJestで書いたテストを実行する

2019/02/08
TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/07/15
Three.js r79で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

バックエンドエンジニア(Python・Go)

業務内容

当ポジションは弊社Webサービスのバックエンド機能設計及び実装を担当します。 サービス毎の開発チームで2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 週次で開発チームミーティングを実施し、実装設計の相談や工数見積もりを行います。 全ての開発コードはレビューと自動テストによって品質を保っています。 また、リファクタリングやフレームワークのバージョンアップも開発フローに組込み、技術的負債を放置しない開発を目指しています。

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

当ポジションは弊社Webサービスのフロントエンド機能設計及び実装を担当します。 サービス毎の開発チームで2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 週次で開発チームミーティングを実施し、実装設計の相談や工数見積もりを行います。 全ての開発コードはレビューと自動テストによって品質を保っています。 また、リファクタリングやフレームワークのバージョンアップも開発フローに組込み、技術的負債を放置しない開発を目指しています。

インターン(Webエンジニア)

業務内容

業務から独立した、調査・研究系のタスクをおまかせしています。コードレビュー、 社内での報告会、 ブログ記事執筆を通して着実にスキルアップしていただくことを目指しています。 (希望があれば、プロダクトの開発業務もおまかせします。)

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く