Three.js r79で何が変わったのか

2016/07/15
このエントリーをはてなブックマークに追加


はじめに

Three.jsのMonthly Releaseに翻弄されている皆さんこんにちは。
カブクの落ち穂拾い担当のあんどうです。

いま若干個人的な理由でThree.jsのバージョンアップに敏感になってるんですが、よりにもよって先月か先々月あたりからThree.jsのリリースが月次になったらしく。まぁ嘆いてもしかたがないので、どうせなら何が変わったのかまとめてみることにしました。たぶん、リリースされる度にまとめます。

要点

まずr79の要点を。

大きな変更はありません。バグフィックスとちょっとしたメソッドの追加がほとんどです。

コードの変更点

ということで以下、r79のリリースノートの要約です。

THREE.BufferGeometry
r72から動作しなくなっていたGeometry#elementsNeedUpdateが動作するようになりました。elementsNeedUpdateはドキュメントによるとfacesのindex配列が更新されたときにtrueに設定する必要があるようです。実際にはBufferedGeometryの__directGeometryが更新されている時に、このフラグをtrueにするとその変更が反映されます。DirectGeometryはBufferedGeometryが保持しているGPUに転送されているデータのキャッシュみたいな扱いですかね?識者の解説希望。(#8338
THREE.Color
Color#sub()で色から色を引き算できるようになりました。具体的な処理としてはRGBの各要素を個別に引き算します。(#9134
THREE.GridHelper
不具合があったためGridHelperのコンストラクタ引数が変更されました。第二引数が線間距離ではなく分割数になったようです。(#9193)
THREE.ImageLoader
画像読み込みの際のLoadingManager絡みの不具合が修正されました。(#9176
THREE.InterleavedBufferAttribute
InterleavedBufferAttributeにnormalizedというプロパティが追加されました。属性値が浮動小数の場合に正規化するかどうかを指定するフラグ?識者の解説希望。(#9190
THREE.Light
Lightのデフォルトの位置がObject3D.DefaultUpになりました。元々はy-up前提でVector3(0, 1, 0)でしたが、今回の変更でz-upでも違和感のない位置になったようです。(#9306
THREE.Path
Path絡みでいろいろリファクタリングされたようです。細々と多いので興味ある人は自分で見てみてください。refactorということなので外部インターフェースは変更ないことを期待したいですが、そこはそれthree.jsなので・・・。(#9079#9169#9168#9265#9291
THREE.TextureLoader
JPEGの場合、アルファチャンネルが不要なので自動的にテクスチャのフォーマットとして(RGBAではなく)RGBを採用してメモリ使用量を節約します。(#9203
THREE.Vector2
Vector2にマンハッタン距離を計算するdistanceToManhattanメソッドが追加されました。マンハッタン距離についてはコードを見るのが一番早いと思います。(#9206
Math.abs( this.x – v.x ) + Math.abs( this.y – v.y )
THREE.Vector3
Vector3にマンハッタン距離を計算するdistanceToManhattanメソッドが追加されました。(#9206
THREE.WebGLRenderer
  • レンダリング時にマテリアルの切り替えが少なくなるよう事前にソートしますが、その際にこれまではマテリアル間のシェーダーの共有状況を考慮していませんでした。これを考慮するように修正することで結構な高速化が図られたようです。(#9164
  • morphAttributesが設定されたBufferGeometryの影に関係する不具合が修正されたようです。(#9184
  • r78で追加されたMeshPhysicalMaterial#clearCoatの実装が改善された・・・んですかね?要識者(#9238
  • SpriteMaterialのvisibleプロパティが無効になっていたのが修正されたようです。(#9257
  • Scene.backgroundにCubeTextureを設定している時にclippingPlaneを設定すると表示がおかしくなる不具合を修正したようです。(#9235
  • モバイルデバイス等で不具合が起きないよう、WebGLShadowMapのmapSizeが大きすぎる場合にmaxTextureSizeまで縮小されるようになったようです。(#9289
Blender Exporter
なんか更新されました。(#9272#9328
Three.js Editor
WebVRがサポートされました。

追加されたExamples

物理エンジンを使用したExamplesがいろいろ追加されています。

webgl_physics_terrain
物理エンジンであるammo.jsを使った凹凸のある地面のシミュレーションです。
webgl_physics_rope
ammo.jsを使ったロープのシミュレーションです。
webgl_physics_cloth
ammo.jsを使った布のシミュレーションです。
webgl_physics_volume
ammo.jsを使った柔体のシミュレーションです。一年半くらい前に少し似たのを作った気がしてるのでpullreqしなかったことが悔やまれます。
webgl_postprocessing_backgrounds
TexturePassやCubeTexturePassを使用して背景を描画するサンプルかな
webgl_buffergeometry_points_interleaved
THREE.InterleavedBufferやらTHREE.InterleavedBufferAttributeやらを使ってある頂点に関する型の異なる複数の属性をまとめて指定するサンプルのような気がします。識者の解説を希望

ではまた来月。

その他の記事

Other Articles


TypeScript で “radian” と “degree” を間違えないようにする

2019/02/05
Python3でGoogle Cloud ML Engineをローカルで動作する方法

2019/01/18
SIGGRAPH Asia 2018 参加レポート

2019/01/08
お正月だョ!ECMAScript Proposal全員集合!!

2019/01/08
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018秋

2018/12/25
OpenAPI 3 ファーストな Web アプリケーション開発(環境編)

2018/12/23
いまMLKitカスタムモデル(TF Lite)は使えるのか

2018/12/21
[IoT] Docker on JetsonでMQTTを使ってCloud IoT Coreと通信する

2018/12/11
TypeScriptで実現する型安全な多言語対応(Angularを例に)

2018/12/05
GASでCompute Engineの時間に応じた自動停止/起動ツールを作成する 〜GASで簡単に好きなGoogle APIを叩く方法〜

2018/12/02
single quotes な Black を vendoring して packaging

2018/11/14
3次元データに2次元データの深層学習の技術(Inception V3, ResNet)を適用

2018/11/04
Node Knockout 2018 に参戦しました

2018/10/24
SIGGRAPH 2018参加レポート-後編(VR/AR)

2018/10/11
Angular 4アプリケーションをAngular 6に移行する

2018/10/05
SIGGRAPH 2018参加レポート-特別編(VR@50)

2018/10/03
Three.jsでVRしたい

2018/10/02
SIGGRAPH 2018参加レポート-前編

2018/09/27
ズーム可能なSVGを実装する方法の解説

2018/09/25
Kerasを用いた複数入力モデル精度向上のためのTips

2018/09/21
競技プログラミングの勉強会を開催している話

2018/09/19
Ladder Netwoksによる半教師あり学習

2018/08/10
「Maker Faire Tokyo 2018」に出展しました

2018/08/02
Kerasを用いた複数時系列データを1つの深層学習モデルで学習させる方法

2018/07/26
Apollo GraphQLでWebサービスを開発してわかったこと

2018/07/19
【深層学習】時系列データに対する1次元畳み込み層の出力を可視化

2018/07/11
きたない requirements.txt から Pipenv への移行

2018/06/26
CSS Houdiniを味見する

2018/06/25
不確実性を考慮した時系列データ予測

2018/06/20
Google Colaboratory を自分のマシンで走らせる

2018/06/18
Go言語でWebAssembly

2018/06/15
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2018春

2018/06/08
2018 年の tree shaking

2018/06/07
隠れマルコフモデル 入門

2018/05/30
DASKによる探索的データ分析(EDA)

2018/05/10
TensorFlowをソースからビルドする方法とその効果

2018/04/23
EGLとOpenGLを使用するコードのビルド方法〜libGLからlibOpenGLへ

2018/04/23
技術書典4にサークル参加してきました

2018/04/13
Python で Cura をバッチ実行するためには

2018/04/04
ARCoreで3Dプリント風エフェクトを実現する〜呪文による積層造形映像制作の舞台裏〜

2018/04/02
深層学習を用いた時系列データにおける異常検知

2018/04/01
音声ユーザーインターフェースを用いた新方式積層造形装置の提案

2018/03/31
Container builderでコンテナイメージをBuildしてSlackで結果を受け取る開発スタイルが捗る

2018/03/23
ngUpgrade を使って AngularJS から Angular に移行

2018/03/14
Three.jsのパフォーマンスTips

2018/02/14
C++17の新機能を試す〜その1「3次元版hypot」

2018/01/17
時系列データにおける異常検知

2018/01/11
異常検知の基礎

2018/01/09
three.ar.jsを使ったスマホAR入門

2017/12/17
Python OpenAPIライブラリ bravado-core の発展的な使い方

2017/12/15
WebAssembly(wat)を手書きする

2017/12/14
AngularJS を Angular に移行: ng-annotate 相当の機能を TypeScrpt ファイルに適用

2017/12/08
Android Thingsで4足ロボットを作る ~ Android ThingsとPCA9685でサーボ制御)

2017/12/06
Raspberry PIとDialogflow & Google Cloud Platformを利用した、3Dプリンターボット(仮)の開発 (概要編)

2017/11/20
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017秋

2017/10/19
Android Thingsを使って3Dプリント戦車を作ろう ① ハードウェア準備編

2017/10/13
第2回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~PodからGPUを使う編~

2017/10/05
第1回 魁!! GPUクラスタ on GKE ~GPUクラスタ構築編~

2017/09/13
「Maker Faire Tokyo 2017」に出展しました。

2017/09/11
PyConJP2017に参加しました

2017/09/08
bravado-coreによるOpenAPIを利用したPythonアプリケーション開発

2017/08/23
OpenAPIのご紹介

2017/08/18
EuroPython2017で2名登壇しました。

2017/07/26
3DプリンターでLチカ

2017/07/03
Three.js r86で何が変わったのか

2017/06/21
3次元データへの深層学習の適用

2017/06/01
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2017春

2017/05/08
Three.js r85で何が変わったのか

2017/04/10
GCPのGPUインスタンスでレンダリングを高速化

2017/02/07
Three.js r84で何が変わったのか

2017/01/27
Google App EngineのFlexible EnvironmentにTmpfsを導入する

2016/12/21
Three.js r83で何が変わったのか

2016/12/02
Three.jsでのクリッピング平面の利用

2016/11/08
Three.js r82で何が変わったのか

2016/12/17
SIGGRAPH 2016 レポート

2016/11/02
カブクエンジニア開発合宿に行ってきました 2016秋

2016/10/28
PyConJP2016 行きました

2016/10/17
EuroPython2016で登壇しました

2016/10/13
Angular 2.0.0ファイナルへのアップグレード

2016/10/04
Three.js r81で何が変わったのか

2016/09/14
カブクのエンジニアインターンシッププログラムについての詩

2016/09/05
カブクのエンジニアインターンとして3ヶ月でやった事 〜高橋知成の場合〜

2016/08/30
Three.js r80で何が変わったのか

2016/06/02
Vulkanを試してみた

2016/05/20
MakerGoの作り方

2016/05/08
TensorFlow on DockerでGPUを使えるようにする方法

2016/04/27
Blenderの3DデータをMinecraftに送りこむ

2016/04/20
Tensorflowを使ったDeep LearningにおけるGPU性能調査

→
←

関連職種

Recruit

サーバーサイドエンジニア(Python/Go)

業務内容

カブク自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のサーバサイド開発。WebサービスのバックエンドやAPIの設計・実装をお任せします。

フロントエンドエンジニア(TypeScript)

業務内容

自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のフロントエンドの設計や実装をお任せします。 また、新規サービス開発プロジェクトへも参画いただけます。

機械学習エンジニア

業務内容

機械学習を用いた3Dデータや2Dデータからの情報抽出モデルの構築やセンサーデータの分析モデルの調査・研究・開発。 PoCだけでなく、データの前処理や学習、ハイパーパラメータチューニング、獲得モデルの評価、適用、運用のパイプライン構築まで、機械学習をプロダクション適用する全てのお仕事に携われます。

インターン(エンジニア)

業務内容

カブクの社員と肩を並べて、実業務を中心とした知識やスキルを身につけていただく実践型インターンシップ。スタートアップならではのスピードがあり、ダイナミックな就業経験を体験することが可能です。

→
←

お客様のご要望に「Kabuku」はお応えいたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

お電話でも受け付けております
03-6380-2750
営業時間:09:30~18:00
※土日祝は除く